最新のガン療法|脂漏性角化症に警鐘が鳴る|生命を脅かす病
病院

脂漏性角化症に警鐘が鳴る|生命を脅かす病

最新のガン療法

病棟

ガンの治療法とは

ガンの治療法として現在選択肢に挙がるものは、癌の病巣部位を外科的に除去する手術療法、抗ガン剤投与療法、ガン細胞を放射線で焼き払う放射線療法があります。いずれも、術後の転移の可能性や副作用といった患者への身体の負担が大きい事も事実です。これに対して新しく確立された手法がNK細胞療法です。NK細胞療法は患者の自己免疫機能を高める事でガン細胞を駆逐していくので、患者への副作用が少ないことが期待できる再生医療の一種です。とは言え、まだまだ国内ではこのNK細胞療法を選択できる病院は大規模な病院を除けばわずかです。今後NK細胞療法を選択できる病院が増えていくことで、ガン患者の方々の生活の質を向上させていくことが期待できます。

NK細胞と免疫療法

免疫を司る細胞は血球系の細胞が分化することで生じるリンパ球と呼ばれる細胞です。例えば予防接種は免疫機能を利用した予防療法の一種です。2回目以降に侵入した異物に対して強く反応を起こすことを利用したものです。そして自身に侵入した異物に対して最初に反応を起こすリンパ球がNK細胞療法で利用されるNK細胞です。NK細胞療法では患者の血液を採取してこの細胞を2週間培養し患者の体内に戻すことを半年から一年程度繰り返します。血液中のNK細胞を増やすことで自分にとっての異物であるガン細胞を駆逐しようという治療法です。これは自身の細胞を利用しているので自身に対する副作用が少ないのが特徴ですが、まだ保険適用されていないため高額の医療費がかかる場合もあるので、医師と相談していきましょう。