新しい治療法|脂漏性角化症に警鐘が鳴る|生命を脅かす病
病院

脂漏性角化症に警鐘が鳴る|生命を脅かす病

新しい治療法

カウンセリング

近年の医療の進歩は目を見張るものがあります。免疫細胞療法というものは、1980年代にアメリカで始まりました。免疫というのは、自己防衛システムというと分かりやすいです。自分の体の中に入ってきた異物を攻撃して、それに勝つことにより病気にならないように働いています。免疫細胞療法というのは、がん患者の免疫力が健康な人と比べて低下していることにより、体外で免疫細胞を増やして、それを体内に戻すことによって免疫力を強くしてがん細胞を排除しようとする療法です。人体では毎日がん細胞が作られて、それを免疫が攻撃して排除してくれています。この自然治癒力を元に、患者さんの免疫細胞の数を人工的に増やして強くするので、副作用がほとんどないのが特徴です。

免疫細胞療法は、ほとんどのがんに使用できるとされています。一部、HIV抗体が陽性の方や、臓器移植を行っている方、血液系のがんの方には使うことができません。抗がん剤や放射線治療などどの併用も可能なことから、相乗効果が期待できます。副作用が少ないということもあり、再発予防の治療として、免疫細胞療法で小さながん細胞を取り除けるということから、手術後の予防にもかなり効果的と言われています。ただ、現在の免疫細胞療法では大きながん細胞を死滅させることまでは不可能なのです。そのために免疫細胞療法だけで、がん治療をするのはおすすめできません。免疫細胞療法には、数種類の治療法があります。それぞれの症状によって、どの治療法を使うかを医師と相談します。