女性

脂漏性角化症に警鐘が鳴る|生命を脅かす病

病棟

最新のガン療法

NK細胞療法とは、リンパ球の一種であるNK細胞を利用した新種のガン治療法です。患者の身体的な負担も血液採取と発熱程度と少ないのでNK細胞療法はガン治療の新たな手法として確立されつつあります。その一方で保険適用でないといった問題もありますが患者の生活の質を向上させることに大いに期待されています。

カウンセリング

新しい治療法

がんの再発予防や他の治療法との相乗効果が大きいことから、免疫細胞療法はとても画期的な治療法といえます。他の治療法と併用できるという点が注目されています。特に副作用がほとんどないことから、手術後の再発予防に最適です。

老化による皮膚疾患

医者

加齢によって起きる

脂漏性角化症は、原因不明で突然できる場合や遺伝によって脂漏性角化症が発症したことがある人が家系に多い場合に起きることがあります。その他にも、紫外線によって出来ることもあります。脂漏性角化症は、一般的に40代以上の中高年に発症が多い皮膚疾患になりますがあらゆる要素が原因になって若い世代の発症も増えています。特に、紫外線の影響は年々強くなっているので紫外線ケアを日頃から行う必要があります。紫外線を浴びることで、肌の老化が進み新陳代謝が悪くなることが原因で脂漏性角化症が起きやすくなります。紫外線を浴びないように日焼け止めを塗るか、肌の露出を控える必要があります。また、日焼けした後はしっかり保湿して肌のダメージを最小限にします。

紫外線ケアをしっかり行う

脂漏性角化症とは、皮膚疾患の一種であり主に加齢によって起きるものです。ほくろのようなものが肌に出来ることがありますが、手で触るとポロポロとくずのようなものが出ることがあります。年寄りイボとも呼ばれ、老化現象の一種であり加齢によって健康な人でも誰にでも起きるものです。脂漏性角化症は良性の腫瘍なので、気にならなければ除去せずにそのまま放っておくことも可能ですが悪性である場合もあるので必ず病院で検査をする必要があります。悪性のものである場合はすぐに除去すれば大事に至ることはありません。安易に自己判断せずに皮膚の専門医の正しい診断を受けて処置を受けることが大事になります。出来物が大きい場合は、手術する必要もあります。

スーツ

女性にも多い肺のがん

肺腺がんは肺がんの種類であり、肺がん全体の半数以上を占めています。男女比は女性の方が多く、喫煙との関係性は薄いことが分かっています。肺腺がんは基本的に外科手術で治療をしていきますが、進行が早くて転移しやすい特徴から、他の治療法を選択する場合も多いです。